日本小児耳鼻咽喉科学会会員であり、

自治医大さいたま医療センターにて耳鼻科を研修した院長がプライマリーケアの立場より耳、鼻、のどの診察をいたします。耳鏡は硬性内視鏡を用い、鼻鏡や経鼻内視鏡で鼻から咽頭まで診察いたします。チンパノメーターやオージオグラムの設備もあります。吸引器もあり、鼻つまりにも対応いたします。また副鼻腔炎にはなるべく被ばくを伴うレントゲンを用いず内視鏡やエコーで診断をつけていきます。